WiMAXキャンペーンの比較

hikaku

WiMAXのキャンペーンを比較して、今契約すべきWiMAXキャンペーンをご紹介しています。

お得なWiMAXキャンペーンを比較

まずはWiMAXを一番安く契約できるキャンペーンの比較です。

こちらのプランは月に7GBの速度制限があるので、毎月の通信量が少ない方におすすめのプランです。

WiMAXを一番安く使うには

プロバイダー端末月額料金キャッシュバック
GMO ¥0 ¥3,609 ¥29,990
So-net ¥0 ¥3,695 ¥28,000
BIGLOBE ¥0 ¥3,695 ¥2,000
UQ WiMAX ¥2,800 ¥3,696 ¥0

比較するととても分かりやすいですが、UQ WiMAXで契約するよりも、お得なプロバイダーがあるのがわかります。

とにかく安くWiMAXを使いたい!というあなたには、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+



WiMAXキャンペーンを2年間の総額で比較

キャッシュバックや割引で、実際にかかる料金がわかりにくい!という方のために、実際にWiMAXを契約して2年間でかかる費用をまとめてみました。

プロバイダー 2年間総額 2年間の月額料金
GMO ¥56,017 ¥2,334/月
So-net ¥60,985 ¥2,541/月
BIGLOBE ¥86,680 ¥3,611/月
UQ WiMAX ¥91,504 ¥3,812/月

こうしてみると、1位のGMOとUQ WiMAXではかなり差額が大きいのが分かります。WiMAXはキャンペーンを利用することで、ここまでお得に契約できるということですね。

WiMAX2+ギガ放題のキャンペーン

今度はWiMAX2+の新プラン「ギガ放題」を契約する場合のキャンペーン料金を比較してみました。

WiMAXで動画を見たり、WiMAXを固定回線のように使用したいあなたには、ギガ放題プランが快適でおすすめです。

プロバイダー 端末 月額料金 キャッシュバック
GMO ¥0 ¥4,263 ¥29,990
So-net ¥0 ¥4,180 ¥28,000
BIGLOBE ¥0 ¥4,380 ¥2,000
UQ WiMAX ¥2,800 ¥4,380 ¥0

ギガ放題プランでも、現在一番お得に契約できるのはGMOとくとくBBです。

ここまでのキャッシュバックはあまり見たことがないので、WiMAXが気になるあなたはお早めに。

WiMAXを検討している方は、他のサービスと違って、毎月の通信制限がないという所にメリットを感じていると思います。

ギガ放題プランに申し込むと、7GB制限があるプランよりも月額¥600ほど利用料金があがってしまいます。

しかしこれは他のモバイルルータや、通信キャリアの価格と比較すると格安な料金です。

なので、毎月のデータ通信量が多く、速度制限を気にしたくない方にはこのギガ放題プランがおすすめです。

WiMAXのキャンペーンおすすめ順

スクリーンショット 2015-04-01 23.23.17

第1位 GMOとくとくBB

現在7GBプランでも、ギガ放題プランでも一番お得なWiMAXキャンペーンは、GMOとくとくBB WiMAXです。

各キャンペーンの中で、一番高額なキャッシュバックを提供していますし、更に月額料金も最安値になっています。

今契約するなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBの公式サイト
スクリーンショット 2015-10-30 23.18.15
第2位 So-net WiMAX

現在GMOについでお得なキャンペーンは、So-net WiMAXです。

キャッシュバックキャンペーンがわずかにGMOより少ないですが、月額料金はほぼ同じです。

2年間の総額でもGMOと比べると少し割高ですが、UQ WiMAX公式サイトから契約することを思えば、十分お得なキャンペーンです。

So-net WiMAX公式サイト

スクリーンショット 2014-12-24 12.26.45

第3位 UQwimax

こちらはUQ WiMAXの公式サイト。

キャッシュバックはないものの、公式サービスならではのサポートや、最新タブレットとのセット販売などサービスが充実しています。

公式サイトなので、他社からの申し込みに不安がある方におすすめです。

UQ wimaxオンラインショップはこちら

今契約するならWiMAX2+がおすすめ

WiMAXとWiMAX2+の通信サービスは、WiMAXが下り最大40MBpsでWiMAX2+が下り最大110Mbpsとなっています。

WiMAX2+はキャリアアグリゲーションに対応し、さらに高速化した下り最大220Mbpsの超高速モバイルデータ通信サービスとなります。

WiMAXのエリアはどんどんWiMAX2+が対応していき、現在ではほぼ対応エリアに差がなくなってきています。

そしてWiMAX2+対応エリアではWiMAXの下り40Mbpsから14Mbpsに減速されるようで、WiMAXからWiMAX2+への完全移行もそう遠いお話ではありません。

今モバイルルーターを検討されている方は、WiMAX2+対応機種を選ばれることをおすすめします。

最新のWiMAX2+対応ルーターを比較したキャンペーンはこちらです。

WiMAXの活用方法

WiMAXは定額通信使い放題の魅力的なモバイルデータ通信サービスです。キャッシュバックキャンペーンを利用すれば、実質3,000円を切る料金でモバイルインターネットが使い放題になります。

WiMAX2+になってもその使い放題は変わらず、他のモバイルWiFiルーターやMVNOのSIMカードとは通信できる容量が圧倒的に多く、一線を画す存在となっています。

そんなWiMAXはモバイルデータ通信だけにとどまらず、自宅での固定回線としての役割を担うこともできます。

ADSLや光回線よりも安く使えますし、最新機種を使用すると、さらに高速なインターネット通信が期待できます。その上固定回線と同じで使い放題なので、HuluやYoutubeで映画や動画を視聴したり、音楽をストリーミングで流したり、DropBoxやOne Driveなどのクラウドサービスでファイルをやり取りしても全く問題がありません。

WiMAX一台でネットを使う部分はほとんど補えてしまいます。

お得なキャンペーンを開催しているうちにWiMAXで快適なネット環境を実現しませんか?

WiMAX2+キャンペーンのメリット

WiMAX2+はキャンペーンを比較して、お得なプランを選ぶことで通常WiMAXの使用料金よりも3万円近くお得になる場合もあります。

逆にいうとキャンペーンを知らずにWiMAXを契約してしまうと、3万円近く損をしてしまう可能性があるということですね。

WiMAXは他のモバイルルーターと比較して、容量無制限・使い放題が特徴で、ヘビーユーザーに最適なWiFi環境を作ってくれます。

私もずっと使い続けているWiMAXですが、初めてのWiMAX契約はキャンペーンの存在を知らなかったので、UQWiMAXの公式サイトから申し込んで1年間のフラット契約をしました。

その後各社がキャンペーンをやっていることを知り、そのお得さに驚いたのを覚えています。

WiMAXを契約するなら、絶対に料金がお得なキャンペーンを利用するのが正解です。

これは以前のWiMAX時代から続いていて、UQ WiMAX以外のプロバイダーが現在のMVNOのように、WiMAXの回線を使ったモバイルデータ通信サービスを提供していました。

だからといって、プロバイダーやキャンペーンによって通信速度や回線の品質は全く変わることがありません。

なのでキャンペーンでWiMAXを契約することにメリットはあってもデメリットは見当たりません。

あるとすればキャンペーンのキャッシュバックをもらい忘れたり、申請し忘れたりする方がいるので、ここだけは要注意です。

タブレットセットなどは実物を使用しながらになるので、キャンペーンを適用し忘れることはないですが、現金キャッシュバックやポイントは申し込み時期に申請しないと適用されません。

なのでお申し込み時にしっかりとキャンペーンの内容を確認し、お得なプキャンペーンを見つけたら、必ず受け取り方法を確認し、カレンダーなどにメモしておきましょう。

これさえ守っておけば確実にキャンペーンのキャッシュバックを受け取ることができるので、あとは安心してお得なキャンペーンでWiMAXをお申し込みください。

WiMAXがデータ通信サービスの中で評価されているポイント

数あるモバイルデータ通信サービスですが、その中でもWiMAXが高評価なのは、やはりそのサービス内容にあります。

WiMAX以外のデータ通信サービスを調べてみると、そのほとんどがMVNOや格安SIMカードに見られるように通信速度が遅い。

またはY!MobileやDocomo,Au,SoftbankのポケットWiFiのように速度は速くても、毎月7GBの速度制限がある。

というように何か一つをとれば、何かが犠牲になるというのが現状のモバイルデータ通信サービスです。

WiMAXは、モバイルでも家の中でも好きなだけインターネット接続が楽しめるように、しかも高速通信を思う存分使えるように提供されているサービスです。

高速でしかも使い放題なのはWiMAXだけ。

ここがWiMAXが評判になっているポイントですね。

他の通信サービスに比べて、料金が少し高いとかエリアが狭いなどのデメリットが言われることもありますが、料金に関しては当サイトでご紹介しているように、WiMAXを契約するプロバイダーを吟味して、しっかりキャンペーン内容を比べてみればむしろ他のデータ通信サービスよりも格安で運用することができます。

パケット通信量に対する料金だけでみると、間違いなくWiMAXが最安値だということができます。

エリアに関しては、確かに山間部や地下などではつながりにくく感じる場所もありますが、そこに関してはWiMAX2+に電波帯が移行していくとどんどん解消されていきます。

また、行動する範囲で電波を計測してみたところ、よほどの場所でない限りはWiMAXの電波が届かないという場所は少なくなっています。

電波が悪いなと感じたとしても、少し置き場所に工夫するだけで問題なく電波は入りますし、電波さえ届けばWiMAXの高速通信が使えるため、エリアに関しても現在はほとんど気にする必要はないのではないでしょうか。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの最新情報はこちらで更新しています。

WiMAX キャンペーン 比較