Kindle Paperwhiteニューモデルのレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kindlepaperwhite

世間はiPad Airの話題で持ち切りですが、ひっそりとKindle Paperwhiteニューモデルを購入しました。ニューモデルというタイトルはどうかと思ったのですが、Amazon公式の表記がそうなっているので従いました。
到着〜1日使用した感想をレビューしたいと思います。


Kindle Paperwhite(ニューモデル)

フォトレビュー

内容物

Paperwhite

開封しました。説明書2冊とUSBケーブルが付属。以前のモデルは白いUSBケーブルでしたが、こちらもモデルチェンジ。ちょっと高級感のあるオリジナルのケーブルです。ケーブルが長いので使いやすいですね。

外観(表)

Paperwhite

こちらは外観。画面はスリープモードです。表示されている画像はランダムで変わる様です。外観(表)は以前のモデルとほとんど見分けがつきません。

外観(裏)

Paperwhite

「Kindle」のロゴがあった場所に大きく「amazon」のロゴが記されています。こちらは好みですが、大分印象が変わりました。

Kindle Paperwhiteの使用感

とにかく軽い

kindle購入前まではiPad miniで電子書籍を読む事もありましたが、比べると段違いの軽さです。電車内で使用していても立ったまま片手で本を読む事ができます。腕も全然疲れません。この軽さだけでも読書好きな方は購入する価値があります。

画面が柔らかい

これはバックライトが目に当たらないPaperwhiteの特徴ですが、直接光が目に当たって来ないので目が全然疲れません。kindleで読書した後にiPhone5sやiPad miniの画面を見ると目の奥に刺激を感じます。これはkindleを使用するまで感じた事がなかった感覚ですね。

文字を認識しやすい

e-inkのスクリーンは本当に印刷された文字を見ている様です。Retina Displayの様に文字がくっきり!という訳ではなく、インク独特のにじんだ様な文字が表現されています。これもKindleを仕様するまでほとんど意識した事がなかったですが、通常のスクリーンと比較すると差は歴然。

画面遷移が早くて快適

職場で以前のモデルを使用している先輩がいるのですが、並べてみたところ画面遷移が体感でもかなり早くなっています。前に触らせてもらった時、そのタイムラグで購入を見送ったのですが今回のモデルはほとんどストレスを感じません。画面の暗転の回数もすくなくなっている気がします。

他のタブレットとは全くの別物

本当に電子書籍を読む為の端末です。iPadやiPhoneのディスプレイがどれほど綺麗になろうと、この快適な読書体験はできないでしょう。元々作られた用途が全く違うので当然の事ですが。とにかく読書好きには手放せない端末です。気になられている方は是非。


Kindle Paperwhite(ニューモデル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*