Illustrator超初心者に最適!これからはじめるIllustratorの本。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
51ONo2OOt9L._SL160_

20131002

先日本屋さんを散策中に見つけた本の紹介です。Illustratorでは簡単な印刷物を作る事ができますが、一から習った訳ではないので必要になる度にネットで情報収集してこれまで乗り切ってきました。
何事も基礎が大事なのでこの本に沿って一度知識を洗い出そうと、チャートに沿って実践してみました。

全く触った事がなくても使える様になる

この本はIllustratorを一度も触った事がなくても、読み終わった頃には一般的な作業が出来るレベルまで引き上げてくれます。画面の説明から始まり、図形の描画。線の書き方。と本当に基礎的なとろこから教えてくれます。
一つの章で一つの行程が完成する様になっているので、楽しみながら進めて行く事ができます。最終的には曲線を使った地図や、ロゴが作成できる様になるのでこの本を読み終えた後、どんどん実戦経験を積んでいくと良いかと思います。

20131002

あくまでも超初心者向け

私も一通りレッスンをこなしてみましたが、説明をみなくても進んで行けるレベルでした。ただ用語の解説や設定の方法等、いままで素通りしてきたところはなるほどと思う事が何度かありました。
Illustratorだけに限らずAdobeの製品は用語やツールの名前がややこしく、初めて触る人はそれだけで心が折れてしまいます。この本は図解も大きく説明も優しいのでつまづく事無く進んで行けるだろうなと感じました。

Illustratorを使える様になる事のメリット

個人でブログを楽しむ方はもちろん、Webやデザインの仕事をしていなくても、Illustratorを使える様にしておく事はおすすめです。
少しのロゴや名刺なら自分で作れる様になりますし、その事で仕事の幅は広がります。今まで外注していた事も社内で完結できるかもしれません。
社内資料や印刷物のクオリティも格段に上がります。これからIllustrarotを始める方は是非読んでみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*