Face Timeオーディオで全キャリアiOS間の通話が無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
facetime

facetime
いよいよ一般公開されたiOS7。早速アップデートしてその使用感を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。iOS7はUIが大きく変化し、まさにこれまでのiOSとは別物。それに伴い様々な機能が追加されました。
そんな機能の中で、大注目を浴びているわけではありませんが、iOSユーザーなら絶対に知っておきたい「Face Time」の新機能を試してみたので、ご紹介します。

新しくなったFace Time

Face TimeはこれまでもiOSの中に入っていましたが、純粋にiOS同士またはOSXでビデオチャットをするというものでした。フロントカメラやリアカメラを使用して、お互いの映像を見ながら会話する機能は使用頻度は高くなくとも、あれば使える。という印象でした。
それが今回のアップデートで、「Face Timeオーディオ」という機能が追加され、今後iOSユーザーの中で間違いなく使用頻度が上がっていくことでしょう。

Face Timeオーディオとは?

カメラロール-4

Face Timeオーディオとは名前の通り、Face Timeのビデオ通話から映像を配信せずに音声のみの通話が出来る機能です。つまり、LINEやViberの様にインターネット回線を使用してパケット通信料のみで電話をかける事ができます。確かに目新しい事の様に思えませんが、これがiOS7の「電話」と完璧に連携し、サードパティー制のアプリとは一線を画す使い勝手となっています。

連絡先からどうやってかけるか選べる

カメラロール-1

「iPhone」→メッセージ•電話 「Face Time」→ビデオ•電話という様に、どの様に相手と連絡をとるか選ぶ事ができます。因にiOSを使用していない相手でもこの表示はされる様です。iOSを使用している相手なら迷わずFace Timeオーディオですね。

着信履歴からも選べる

カメラロール-0

着信履歴からも相手がどの様に連絡してきたかが分かります。「iPhone」「Face Time」「Face Timeオーディオ」という表示が出ていますね。Face Timeオーディオの事を知らなくて普通に電話がかかってきた相手にも「i」ボタンを押して連絡する方法を選ぶ事ができます。

Face TimeアプリにはFace Timeの着信のみ表示

カメラロール-2

Face Timeのアプリにもこの様にFace Timeの着信が表示されています。

iOS同士ならキャリアを越えて通話料が無料

試しにこのFace Timeオーディオで通話してみましたが、音声の遅延もなく終止安定して通話する事ができました。また、キャリアの違うiPhoneにかけてみましたが、問題なく通話する事ができました。

今回からiPhoneは3キャリアで販売される事となり、より一層ユーザーが増加するでしょう。FaceTimeオーディオならキャリアを気にせずクリアな通話が無料で出来る様に なります。

因みにモバイルデータ通信でFaceTimeオーディオを使用できるのがiPhone4s以降の機種のみとの事なので、該当される方や5S,5C,6,6plusに変更される方は是非試してみて下さい。

iPhoneの通話料を下げるにはこちらの記事もおすすめです

WiMAXキャンペーン比較

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*