WiMAXとMVNOの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dmm

WiMAXとMVNOどっちを使えば良いの?

という内容を最近よく聞かれます。

MVNOは最近TV CMなどでも放送されていて、スマホの料金を節約できる!と話題になっていますよね。

MVNOもモバイルデータ通信の手段の一つですが、WiMAXと比べるとどんなメリットやデメリットがあるでしょうか?

WiMAXとMVNOの契約で悩んでいる方のために、2つのサービスを比較してみたいと思います。

WiMAXとMVNOを比べる

WiMAXとMVNOは用途によって使い分けるのがおすすめですが、どんな人はWiMAXに向いていて、どんな人はMVNOを使うと良いのでしょうか?

両者の特徴を見ていきましょう。

WiMAX MVNO
音声通話 ×
通信上限 無制限 制限あり
通信速度 220Mbps 160Mbps
エリア

まとめると上のようになります。

MVNOは様々な会社が提供していますが、通信に使われる回線の元はDocomo回線が多く、最高速度はDocomoのLTE通信と同じになります。

またMVNOは月々のパケット通信に上限が設けられていて、契約した上限を超えて通信する分は128kbbs〜200kbpsに低速化されます。

設定される上限は契約する料金プランによりますが、大体2GB〜10GBの範囲で通信を提供しています。

データ通信のみのSIMカードと音声通話がついたSIMカードが選べるので、スマホに挿して電話としても使いたい方は、データ通信のみのカードよりも月額使用料が少し高くなります。

WiMAXはデータ通信がずっとどれだけ使っても高速なままですが、音声通話がついていません。

ですのでWiMAXは他にスマホやタブレット端末を持っていて、それらとWiFi通信をして使用することになります。

WiMAXとMVNOどちらを選ぶ?

WiMAXの最大の魅力は月々の上限を気にせずにデータ通信ができることです。

MVNOの魅力はデータ通信量を抑えると格安で使用することができます。

逆にMVNOでもデータ通信の上限を引き上げると、WiMAXと同等の価格、もしくはWiMAXよりも高い料金を支払うことになります。

スマホでテザリングもしないし、外出先で動画もみない。家や職場には固定回線が引いていて、常にWiFi環境にいる。という方は、一番安いプランでMVNOを契約するのがおすすめです。

WiMAXは外でもネットをたくさんしたい。映画や音楽もストリーミングしながらカフェやコワーキングスペースで作業したい。

家の固定回線もスマホのデータ通信も一本化して安く抑えたい。という方はスマホの一番安いプランを契約して、固定回線は解約。WiMAXを家でも外でも使うという方法をおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。